青と黄色の盾のマークが点滅して、シャットダウンなどタスクバーの操作ができない。

青と黄色の盾のマークが点滅して、タスクバーの操作ができない。タスクバーのどこをクリックしても反応がないので、パソコンのシャットダウンもできない。そんなときの対処方法をご紹介します。

青と黄色の盾のマークは「ユーザー アカウント制御」のアイコンのひとつで「Windowsの一部である設定または機能が開始する許可を求めています」という意味です。

何らかのアプリや機能が変更していいかという許可を求めているのですが、今回の状況はその動作がフリーズしてしまったときに起きる現象です。

 対処方法

対処方法としては、1の再起動で改善しない場合は2、2で改善しない場合は3を試してみてください。

  1. PCの再起動
  2. PCのshiftを押しながらシャットダウンして再起動
  3. ユーザーアカウント制御を通知しないように設定して再起動

 1.PCの再起動

この状態ではスタートボタンがクリックできないため、Windowsキーを押しながらXを押して、表示されるメニューの「シャットダウンまたはサインアウト」から再起動します。

またはCtrlAltDeleteを同時に押して再起動してください。

 2. Shiftを押しながらシャットダウンして再起動

1の通常の再起動で改善しない場合は以下の操作を行います。

今度はキーボードのShiftを押しながらシャットダウンをクリックしてください。シャットダウン後に再度電源を入れて起動してください。

 3. ユーザーアカウント制御を通知しないように設定して再起動

Windowsキーを押しながらXを押して、コントロールパネルを開いてください。

コントロールパネルからユーザアカウントを選び、ユーザアカウントを選択します。

ユーザーアカウントの変更から「ユーザアカウント制御設定の変更」をクリックします。

スライドを一番下の「通知しない」に下げます。

  • 以下の場合でも通知しない
  • アプリがソフトウェアをインストールしようとする場合、またはコンピュータに変更を加えようとする場合
  • ユーザーがWindows設定を変更する場合

何らかの変更がかかっても「通知しない」ように設定すれば、青と黄色のアイコンは出なくなるので、OKをしたあと、パソコンを再起動してください。

通常通りに起動してきたらユーザアカウント制御の設定を元に戻します。

※通常は「アプリがコンピュータに変更を加えようとする場合のみ通知する(規定)」に設定します。

  • アプリがコンピュータに変更を加えようとする場合のみ通知する(規定)
  • ユーザーがWindows設定を変更する場合は通知しない

以上で完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする